七輪陶芸と黒陶とは

4月と5月のワークショップでは選択制のコースを3つ用意しました。 その一つが七輪陶芸と黒陶のコースです。 *悪天候が続く為、屋外で開催する七輪陶芸の開催は見送らせていただきます これから先の説明は、今まで陶芸やっていたけど、七輪で本当に焼けるの? 陶芸ってこんな感じというイメージはあるけど、黒い陶芸って何?など疑問に思い、さらに私のワークショップを受けたい人への説明になりますので、技法を詳細に紹介するブログではないこと、もっとこう書かないといかん!などの専門分野からのお怒りもあるかもしれませんが、ご了承ください。 脳内で普段の授業をやっているような感じで書き進めますので、話口調になります。 まず七輪で本当に焼けるの?という疑問から説明していきますね。 通常、陶器作りは最低でも1週間〜10日はかかります。 窯はクッキーを焼くオーブンではないので、その日に火を入れてチンしてその日に取り出す! というわけにはいきません。穴窯で2週間火をいれる作家さんもいますが、陶芸教室にあるような電気窯では火を点けてから冷まして出すまで最短3日はかかります。 粘土で形作り→乾燥→(素焼)→釉掛け→本焼 七輪陶芸とはその名の通り、七輪を使用してこの一週間かかる行程を半日で仕上げます。 この技法は専門書も出されていて、やる人によって様々な工夫がされながら、七輪陶芸は普及していっています。 確かに半日で仕上げることもできますが、形を作って整えて乾燥させてと忙しなくなってしまうことと、その日に作ったものをその日に焼き上げるのは水蒸気爆発のリスクもある為 今回の七輪陶芸は2回(二日)に分けて、成型や乾燥に十分

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
​instagramにて活動を公開しています。
  • Instagram Social Icon

© 2016 by Yuko Hara  created with Wix.com

    • Instagram Social Icon